最新情報

最新のお知らせ


2021年4月1日 : フィラリア・狂犬病、その他ワクチンについて
今年度から狂犬病注射は病院で接種することになりました。

狂犬病注射は例年4月から6月に接種することになっておりましたが、今年はコロナの影響で12月まで接種可能となりましたので狂犬病の注射のみ希望の方は慌てずにご来院ください。

またフィラリア・ノミダニ予防・ワクチンにつきましては、時期があるため4~5月にいらっしゃる方が多いと思いますが宮城県のコロナの感染者数が増大しているため待合室が混雑しないようできるだけ予約枠を増やして対応させていただきます。

昼の休診時間は手術などがあるため11時半以降診療は基本的に入れておりませんが、手術が少ない日などは少し診療時間を拡大してフィラリアやワクチンの方の予約対応をさせていただきたいと思いますのでお電話にてお問い合わせください。

それでも予約がいっぱいになってしまう場合や直接ご来院の方につきましては一時外出やお車での待機をお願いしております。

また、コロナウイルスが落ち着くまでの間は1家庭で複数頭数(3頭以上)ペットを飼っていらっしゃる方のフィラリアやワクチンなどの予防につきましては往診での対応も検討しております。獣医がたくさんいる病院ではないため日程や時間は限られますがご希望の方はお電話にてご相談ください(往診料は別途かかります)。

ご迷惑をおかけしますがご協力よろしくお願い致します。

にきどうぶつ病院について

ご家族である動物さんと飼い主さんが安心して過ごせるように、身近な相談から高度医療まで、できる限りのお手伝いをさせていただきます。お気軽にご相談ください。

当院では特に腫瘍疾患・救急疾患の治療に力を入れております。何かお困りの際はご相談ください。

また当院で対応が難しい場合(MRIによる診断が必要な場合など)は大学病院などの適切な施設をご紹介させていただくこともございます。

診療は受付時間内でしたらいつでもお気軽にご来院ください。

治療方針が決まりましたら、獣医師から治療についての具体的な治療方法をご説明します。
ご家族の方と相談し、よりその動物さんに合った治療を一緒に考えていきます。

入院する場合は夜間も獣医が対応させていただいております。


混雑を避け診療をスムーズに行えるよう、予約診療も行っております。(緊急の場合は獣医の判断で順番が前後したりお待ち時間が発生することがありますのでご了承ください。)

診療対象

犬、猫、鳥、ハムスター、フェレット、ウサギ、その他小動物の診療も可能です。
ご不明点がありましたら、まずはお気軽にご連絡ください。




健康管理

ペットホテル

ペット保険

ごあいさつ


獣医になって17年となります。
北海道、宮城、埼玉、東京で様々な体験を積み、開業に至りました。
大学病院研修・夜間救急も経験してきたためその経験を生かし
動物さんと飼い主さんが安心して楽しく暮らせるお手伝いをさせていただきたいと思います。

にきどうぶつ病院では特に腫瘍疾患・救急疾患に力を入れております。セカンドオピニオンもうけたまわっておりますのでお気軽にご来院ください。また、当院では解決できない問題については、より適切な医療機関の紹介なども行っておりますのでお気軽にご相談ください。皆様、どうぞよろしくお願い致します
当院では、譲渡会などを毎月開催しています。
詳細はメールマガジンや院内掲示物などでご確認ください。

ご不明点はお気軽にお電話でお問い合わせください。
にきどうぶつ病院 院長 仁木 礼子 ( にき あやこ )
所属学会
日本獣医がん学会
エキゾチックペット研究会
日本獣医麻酔外科学会

医院案内

※iPhoneをお使いの方は「メールアプリ」から送信してください