腫瘍の治療について

人間同様動物も癌(悪性腫瘍)ができ、時としてそれが原因で命を落とすことがあります。
動物の体を撫でていて、何かおできのような物ができている場合はお早めにご来院ください。
体表ではないところにできる腫瘍はなかなか発見が難しいですが、超音波検査やX線検査などを含んだ全身検査を行うことで発見できることがあります。特にシニア期になった場合は年に最低1回は健康診断を行うことが早期発見に繋がります。
よく、「痛がってないから大丈夫」という飼い主さんがいらっしゃいますが、悪性腫瘍ができたからすぐに痛みなどの症状が
出るわけではなく早期の場合は大抵は無症状です。症状が出てきたときは進行している場合がほとんどですのでできるだけ早めに発見することが重要になります。

腫瘤(おでき)には悪性のものとそうでないものがあります。
簡単な検査としては針生検( FNA)があり、診察中に細い針で細胞をとって色をつけ顕微鏡で見て判断します。
わかりやすいものはすぐに答えが出ますが、判断しづらいものについては外の検査センターに出して判断してもらいます。
また、針生検では確定診断が難しい場合があり、その場合は組織生検を実施します。

腹腔内や胸腔内にできた腫瘤は時として超音波検査、X線検査で見つけることができ、場所が特定される場合はそのまま手術となりますが場所が特定できない場合や大きすぎて安全に手術ができるか不明な場合は CT検査をした方が良い場合があります。
特に大きな腫瘤や全身状態が良くない場合はCTを撮ることで手術が適応かどうかを判断することができます。
X線では胸部の転移がよくわからない場合でもCTでは発見されることもあります。

腫瘍の基本的な治療内容は以下の通りです。
・外科手術
・抗がん剤治療
・放射線療法
・免疫療法
・対症療法のみ
・無治療

腫瘍だと診断された場合は動物さんの全身状態を確認し
飼い主さんとご相談しながらよりその子に合った治療を選択いたします。

腫瘍の治療は長期戦になることも多く飼い主さんの精神的負担も大きくなりがちです。
些細なことでもご相談いただき一つ一つお悩みを解決できるようサポートさせていただきます。また動物さんの生活の質の向上にも目を向けトータル的な治療をさせていただきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。